自分を見失ってました

日記
07 /14 2019
どうも、お久しぶりになりました。

住民税に関連する作業でまぁまぁ忙しかったというのもあるのですが、それ以外に、ちょっと自分を見失ってしまっていたところがありまして、手が止まってました。

たまにね、たまにあるんですよね、こういう哲学的なものに浸る期間って。

ただ今回は、大きく自分を見失ってしまいまして・・・。


実はですね、ふとした瞬間に


あれ・・・僕今、仕事楽しいって思っちゃってた・・・?



なんて事がありまして。

僕の中で、仕事といえば優先順位が下の中くらいに位置する存在なのですが、これが急浮上してしまったような気がしてしまいまして、少し混乱しておりました。

この気持ちが本物なのか、気の迷いなのかを検証するのに、ちょっと時間がかかってしまったわけですが、無事結論は出ました。



ただの気の迷いです。




色々生活パターンを変えてみたりした結果ですね、結局はグラブルみたいなソシャゲが好き。

DQXみたいなMMIRPGも好き。

家庭用据え置き型ゲームも好き。

で、仕事はそれ以下だなって再確認できました。



いやぁ安心しましたね。
これで万が一にも、仕事が楽しいって結果になってしまったら、作業効率化の品質が低下してしまうところでした。


お前は何を言っているだ?


と思われる方が正常だと思います。

ただ僕にとっては、楽しいと感じるものほど、アウトプットの品質が悪くなるんですよね。

楽しいと思えるものほど、自分のやりたい事をぶつけてしまうので、効率的に動けなくなってしまうんです。



【例:仕事が楽しい場合】

Aという作業の効率化のために作業をツール化したい。

せっかくだから汎用的な仕組みにしたい。

せっかくだからいつもと違うコードを書きたい。

せっかくだから見た目も凝りたい。

・・・終わらない。



【例:仕事が嫌いな場合】

さっさと自由な時間を作って遊びたい。

なのでさっさと作業を簡略化する。

さっさと効率化のためにツール化もする。

そこに私情は無い。

とにかく効率化を手早く進める。

楽しくなくても、結果、仕事が早く終わりさえすればいい。

さっさと帰って遊びたい。




こんな感じですね。

まじめに仕事に励まれてる方々からすれば、けしからん事このうえないでしょうが、僕にとっては、仕事が楽しくなってしまうと、ポンコツ化してしまうんですね。

とにかく、やっと気持ちがスッキリしましたので、良いメンタル状態で古戦場を迎えられそうです。