ロボボプラネット一区切り

ゲーム関連
05 /28 2017
去年、星のカービィ ロボボプラネットを購入しました。
しましたっていうより、時間経ちすぎて、購入してましたのほうがしっくりきますね。

今年に入ってから、胃腸炎やらなにやらのせいで、全然進めることができてなかったのですが、今日ようやくエンディングまで到達。

ストーリークリア後の追加モードは少ししか触ってないので、パーセントは中途半端です。

robobo.png


せっかくやってみたので、簡単に感想。

【全体】
アクションゲームの優等生ですね。
長すぎず、短すぎず。
そして難しすぎず、簡単すぎず。


【長さがちょうどいい】
セーブ機能というものが世に出てから、やたらと長いアクションゲームが増えた印象があります。
そんな中、今回のロボボプラネットは良い具合の長さでした。
ガッツリ進めれば、1日もせずにクリアできるくらいですが、RPGじゃないんだから、それくらいで良いと思うのです。


【難易度もちょうどいい】
こればっかりはプレイヤーの技術に左右されますが、少なくとも僕はちょっと感動するくらいにバランスよくできてるように感じました。
まず攻略サイト無しでも集めきれるコレクター要素。(ステッカーではなくICキューブについて)
そして初見でもクリアできるレベルなものの、体力ゲージは結構ギリギリまで削られるくらいのボス難易度。
敵の動きも、理不尽なものがなく、アクション苦手な人でもちょっと練習でクリアできそうな程度の難しさに調整されてます。


【スピード感は無い】
ハイスピードなアクションでは無し。
1シーン1シーン、丁寧に進めていくような作品。


【ギミックが楽しい】
ゲームタイトルから想像できる通り、今作はロボに搭乗します。
そのロボを使ったステージギミックが随所にあるのですが、これがいちいち楽しい。


【旧作アレンジのBGMが自然】
シリーズ物の特権といいますか、過去作品のBGMをアレンジした曲が多数。
かといって、過去に媚びるようなアレンジでなく、新曲に自然と紛れてくるような楽曲に仕上がっており、違和感がない。
ほれ過去曲のアレンジやぞ!という感じではなく、ちゃんとロボボプラネット用の曲として聞けるから凄い。


【とはいえ3歳では流石に難しい】
そりゃそうだって感じですが。
でも、前半にほんの数面とはいえクリアできるくらいのステージがあり、なんか喜んで遊んでます。うちの4歳手前の3歳児。
マリオやらに比べると、操作が少し複雑なため、ちょいちょい大人の口出しは必要ですが、体力ゲージという存在のおかげで、いわゆるゴリ押しプレイが成り立つため、小さい子でもなんとか遊べるように感じました。
マリオは操作こそシンプルなものの、敵に当たったら即終了ですからね、その点はカービィの方が子供向けな気がします。



以上、最初にも書いた通り、まさに優等生という感じの作品でした。
ただその反面、尖った物はあまりなく、ヘビーゲーマー諸兄には物足りないかもしれません。


【楽天ブックス】星のカービィ ロボボプラネット
robobop.png



次は妖怪ウォッチも片付けないと・・・

関連記事


コメント

非公開コメント