ぜひ聴いてみてほしい

日記
02 /14 2019
音楽と触れ合わない日は無いんじゃなかろうか。
と思うくらい、音楽というものはそこらじゅうに垂れ流されています。

テレビやラジオ、ネットだったり、コンビニやスーパーの店内だったり。

僕は自称ゲーム好き人間ということもあり、好きな音楽っていうと、ゲーム中に流れる楽曲がほとんどです。
とくに、スーパーファミコンあたりまでの、耳に残る電子音が多いですね。

その反面、ゲームと関係の薄いアーティストには疎い面があります。

そんな僕ですが、唯一ゲームと関係がないのについつい曲を聴いてしまうアーティストがいます。

しかし世間にはいまひとつ名前が広まってないようで、僕この人の曲好きなんだよねーって言っても、???って反応をされることがほとんど。

悔しいので、この場でぜひ紹介させていただきたい。

それは誰かって・・・


そう、コチラ!






ロマンポルシェ。
ロマンポルシェ。


アルバムタイトルのパワーがすごい。

あと表紙絵のパワーがすごい。

奥の猫に引き込まれる。

そして、このどう見てもふざけてるユニット名については、Wikipediaを参照してほしい。

ロマンポルシェ。 - Wikipedia

ザックリ抜粋するとこうである。

書道の授業で「ロマンポルノ」(当時全盛だった日活ロマンポルノから)と書いた所、担任の女教師に睨まれ、あわてて文字を書き足し「ロマンポルシェ」として完成させたエピソードによる。



こんなユニットですから、出す曲出す曲の歌詞総じてひどい。(それがいい)

歌詞はとにかくひどいものの、その歌詞が乗っているのが、やたらと良い音楽だというのが悔しい。(それがいい)

とくに好きなのは、この盗んだバイクで天城越えに収録されている、THE PARK。

Amazon Music
盗んだバイクで天城越え - ロマンポルシェ。



他にも、男は橋を使わないや、そこに収録されている、はじめまして! 不審者です!

もう少しまじめにやっておくべきだった に収録されている、全裸で書いたラブレターもオススメしたい。

ちなみにこの、全裸で書いたラブレターは、ぶっちぎりP氏がすんごいクオリティーでカバーしているので、ぜひ見ていただきたい。





以上、視聴してもらえばわかると思いますが、ひどい。(それがいい)

そしてひどいのは楽曲だけでなく、経歴もひどい。

これについては、ニコニコ大百科がわかりやすい。

ニコニコ大百科 - ロマンポルシェ。とは

例えば1つ抜粋してみると・・・

火事で自宅のマンションの一室が丸焼けになった[2]。実は、2004年9月22日に「おうちが火事だよ!ロマンポルシェ。」というタイトルのアルバムをリリースしており、まさにアルバムのタイトル通りになってしまった。



など、まぁ読んでて飽きない生き方をされている。



以上、簡単ではありますが、ロマンポルシェ。を推してみました。

ここまで読んでくれた方なら、ほとんどがこう思うんじゃないでしょうか。




こういう大人にはなりたくねぇなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント