プレミアムとは一体

お菓子ネタ
07 /22 2013
コイケヤのポテトチップのり塩について調査。
のり塩と、プレミアムのり塩の違いについて調べてみました。

コイケヤ のり塩とプレミアムのり塩

(個人的にはオリジナルのり塩の方が好き。)





久々の調べもの

お菓子ネタ
07 /19 2013
明治エッセルスーパーカップの
単品(200ml)と、ミニサイズ6個入り(90ml×6個)は、
どちらがお得なのかを調査。

日記と調査記事がごちゃごちゃになるのは勿体ないと思ったため、
調査記事についてはアメブロにまとめています。

明治エッセルスーパーカップ比較


子が産まれ
まず最初に調べまわったのが育児云々でなうスーパーカップについて。
きっと私はピーターパンなんとかかんとか。

そういえば、子供の顔を見れば疲れが吹き飛ぶとよく言いますが、
残念ながら疲れは吹き飛びませんでした。
やる気は出るけれども。

そりゃ肉体疲労が治るわけないよね。




チビノワ再発売の詳細

お菓子ネタ
03 /26 2013
先日、再発売されたコイケヤさんのチビノワ。
気になった部分があったので、メールを送ってみたところ、
回答頂けましたので公開。

1.直径
Q.以前CMで直径10ミリと歌っていたのをよく覚えていますが、当時のチビノワは実際に10ミリ前後のサイズで製造されていたのでしょうか。また、今回のチビノワも同サイズなのでしょうか。

A.今回のチビノワの直径は、約15mm前後になります。
当時本当に10ミリで製造されていたのかはスルーされてしまいましたが、
10ミリ前後で製造されていたとすると、今回5ミリのサイズアップという事になります。
という事は、あのCMソングはもう流れないという事になりますね。
にしても、当時の子供が大人になった事を想定してのサイズアップなのでしょうか。
5ミリサイズアップすれば大人の指にも入るだろうと。


2.イベント商品か
Q.今回、一度販売が終了した商品の再登場となっていますが、これは一時的な販売を目的としたイベント商品なのでしょうか。それとも、レギュラー商品としての再登場なのでしょうか。

A.レギュラー商品として発売いたしました。
ということで、期間限定ではなく、今後も販売され続けるそうな。
非常に喜ばしい事。


3.空白期間
Q.1993年発売から、20年ぶりの復活と紹介されていますが、実際の空白期間はどれほどなのでしょうか。(製造中止から今回の再登場までの期間)

A.1993年に発売し、1997年6月に終売しておりますので、空白期間といたしましては、約16年となります。
つまり我々が旧チビノワを最後に見ているのは、
販売店の在庫売り切りまでの期間を考えても、15,6年前という事に。
私が今28歳で、20年前は8歳。
近所のご高齢の方のゲートボール場に
チビノワを持って遊びに行った事を今でもよく覚えているものの、
それが小学生4年生(9~10歳)だったと思い、
20年ぶりの復活と言われた時に感じた違和感はコレかと。

ついでに16年前なら私は12歳で小学校卒業~中学校入学くらい。
その頃にはもう近所でチビノワを見かけた覚えはなく、
取り扱っている店舗がこの頃にはもう減ってしまっていたのかなぁと。


とにかく、レギュラー商品としての復活という事が嬉しく、
今後、味の種類が増えるなどの展開が期待できると思うと、
今から楽しみで仕方ありません。



最後に、個人ブログ等で内容を公開することは可能でしょうかという質問に、
可能ですと回答頂けたこと、この場を持ってお礼申し上げます。



ゴールデンスコーン

お菓子ネタ
03 /19 2013
俺のなんとかが輝き叫ぶとか、そんなんじゃありません。
そもそもシャイニングでなくゴールデンですから。

さて、湖池屋さんのスコーンといえば、
過去に何度か記事を上げておりますが、
今回は新旧スコーンの記事から過去情報を引っ張り、
果たしてゴールデンスコーンは数値で見たときに
どれほどゴールデンゴールデンしているのかを見てみましょう。

1.ゴールデンスコーンBBQ
まずは今回参戦のゴールデンスコーンのパッケージ。
チートスGBBQ

3/18発売で、3/18に購入し、3/19に記事書いてます。
前情報は全く知らず、チビノワ買うつもりでコンビニ寄ってみたところ、
偶然にもなんか神々しい物を見つけてしまったので購入。
ちなみに現時点ではコンビニ限定とのこと。



2.比較表
今回は最大値の他、最小値にも色を塗ってみてます。
にしても、横に伸びて見難くなってきた・・・
G_BBQ.png




3.まとめ
比較から見えるゴールデンBBQの特徴を考えてみましょうという事で、
まず目立つ項目を拾ってみます。

袋単位では、そもそも容量の少ない本家が、
最低値をごっそり持っていってしまってます。
同容量である限定組と比べても、たんぱく質が高いというだけ。

しかし、グラム単位での比較となると存在感が増します。
低カロリー、低資質、高たんぱく質となっており、
まさにアスリート思考スコーン。

似た相手として絶品BBQと比べても、
カロリー、資質の低さは同値なものの、たんぱく質では勝るという、
ゴールデンの名に恥じぬ数値を叩き出しています。

ただし、ナトリウムが2位と高めなので、
塩分取りすぎに注意。


---過去のスコーン関連記事------
新旧スコーン
チートスとスコーン


チビノワ復活

お菓子ネタ
03 /15 2013
チビノワが復活!
チビノワパッケージ

直径10ミリ半径5ミリのCMで一世を風靡した(?)
あのチビノワが再販売。

全国展開は2013/3/25からで、コンビニは先行して3/4から販売。

というわけで、少し出遅れたものの、
この記事の少し前に買ってきました。

当時の記憶が出てこず、味がどう変わったかはなんとも言えないけども、
新開発されたコーン記事を使用するなど、再現ではなく刷新に近い感じ。

触感はカールのようにサクっというものではなく、
カリっといった感じ。

少し残念なのは形状の品質で、
チビノワの特徴でもある輪っか状になれてない個体がちらほら。


とにかく、当時の味を細かくは覚えていなかったものの、
美味しかったのにいつのまにか消えてしまったチビノワに
こうしてまた会わせてくれた湖池屋さんに感謝。